私の声が聞こえますか〜認知症がある人とのコミュニケーションの可能性を探る〜

認知症ケアに究極の方法論なんてないんだな
〜その人は依然としてそこにいる。そう信じることからケアは始まる〜

【目次】
第1章 こだまはゆっくりと返ってくる
第2章 サービスについての意見を聞く
第3章 誰かそこにいるの?
第4章 人はそれぞれ異なる方法で影響を受ける
第5章 コミュニケーションは可能
第6章 力を奪うこと
第7章 時間とスペースの感覚
第8章 「ライフストーリー」の価値
第9章 環境の影響
第10章 非言語コミュニケーション
第11章 挑戦的な行動(チャレンジング・ビヘイビア)
第12章 グループワーク
第13章 告知すべきか、せざるべきか−それが問題なのか
第14章 内省的結論


●著:マルコム・ゴールドスミス /監訳:高橋 誠一/訳:寺田 真理子
●発行日 2008年11月30日
●発行元 雲母書房

販売価格 2,750円(税込)
型番 247