withコロナ2 つながりをあきらめない つながり続けるための私たちの工夫

〜住民主体の地域活動 再開のためのヒント集〜
東北大学大学院教授・小坂 健さん(厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策本部クラスター班)による
「医学的に見る、コロナ禍でも安心して活動できる方法」収録!

 長引くコロナ禍でも、ささやかにしなやかにつながり続ける、各地の住民の創意工夫を1冊にまとめました。
感染状況に応じて活動のかたちを変えても、気にかけ合う思いは変わらず、むしろその思いを強くしながら、住民たちの活動が続いています。各章にはマンガを収録。事例のポイントをわかりやすく紹介しています。

★10冊以上ご購入の際は10%OFFになります。システムの都合上値引き表示ができませんので、値引き後の金額をこちらからメールでご連絡いたします。(お支払方法は銀行振込か、郵便振替のみ対応いたします)

【主要目次】
第1章 鼎談 コロナ下で考えるつながりと地域づくり
第2章 集まる!工夫が生んだ住民主体
    にしくり広場(岩手県盛岡市)
    坂之下サロン(秋田県由利本荘市)
    庭坂駅前ももりんDeファイト!!(福島県福島市)
    くるめオンライン公民館(福岡県久留米市)
第3章 住民の思い、専門職の工夫
    蓬田村たすけあい交通(青森県蓬田村)
    ひらめき教室マスクプロジェクト(岐阜県池田町)
    夏休み木工チャレンジ(東京都小金井市)
第4章 変わらないつながりが安心を生む
    上次ふれあい・いきいきサロン(愛知県一宮市)
    子どもの未来を語る会(滋賀県東近江市)
    コープおでかけ運動教室(沖縄県浦添市)
第5章 コロナ禍でもつながりが豊かに!
    地域共生社会に向けた先駆的実践
    サロン楓の木(奈良県葛城市)
    ニコニコ食堂(奈良県天理市)

●発行 全国コミュニティライフサポートセンター
●発行日 2022年3月
●A4判/50ページ 
販売価格 1,320円(税込)
型番 689